もはや日本人の国民食! ラーメンを初めて食べた日本人は?

 

ラーメンのルーツはどこなのでしょうか?

ルーツは中国の中華街でよく食べられていた麺料理とされています。

いくつもの別称があり、語源も複数あるという説があります。

1.中国語の「ラオミン(柳麺)」の発音からラーメンになったと言う説。

2.「ラ・ミエン(拉麺)」の音源が基になってラーメンになったと言う説。

3.「ハオ・ラー(好了)」の「ラー」と麺を組み合わせてラーメンとなった説。

語源は様々な説があります。

ただ、現在でも有力な説は不明となっています。

日本人で最初に中華麺を食べたのは、テレビの水戸黄門でも知られている徳川光圀であるという説が有力です。

中国の儒教者、朱舜水が、中国式の麺を光圀に献上したとされています。

1967年には光圀の隠居所である西山荘に訪ねてきた客にふるまっていたという説もあります。

明治から昭和の初期頃までは「南京そば」というメニューで親しまれていました。

四国や九州地方など西日本の一部では、蕎麦文化が普及していませんでした。

なので、ラーメンを「そば」と呼び、一般的な蕎麦は「日本そば」と呼んでいる地域もあります。

明治時代初期、神戸や横浜などの中華街が誕生しました。

そこでお店が調理した南京そばが日本でのラーメン文化の始まりとされています。

当時は店舗を構えず、屋台で気軽に食べられる料理でした。

そして1910年、浅草の「来来軒」が店舗でのラーメン販売を開始します。

この「来来軒」が日本のラーメン店の元祖です。

当時、東京で一番の繁華街にてラーメン文化が発信されたのです。

既に中華料理の店はありましたが、初めて庶民的なラーメン、シューマイ、ワンタンを提供したのが「来来軒」だと言われています。

そしてラーメンは、様々な国や地域で独自の進化を遂げています。

歴史の深さを感じながらラーメンを味わってみるのも良いですね。

return top